プロ野球の阪急、日本ハムで監督を務めた上田利治(うえだ・としはる)さんが1日に肺炎のため死去していたことが2日、わかった。80歳。通夜は5日午後6時、葬儀は6日午前10時から横浜市青葉区美しが丘2の21の4の公益社会館たまプラーザで。喪主は妻勝子さん。

 徳島県出身。海南高から関西大に進み、後に阪神のエースとなる故・村山実氏とバッテリーを組んで活躍。1959年に頭脳派捕手として広島に入団した。選手としては実働3年で計121試合、56安打、2本塁打と実績は少ないが、指導者として才能を発揮した。62年から広島、71年から阪急でコーチを務め、74年に37歳で阪急の監督に就任。75年から3年連続日本一を含むリーグ4連覇を果たし、78年に退くまで黄金期を築いた。

 81~90年の2次政権では、88年限りで身売りした阪急の最後の監督と、新生オリックスの初代監督を務めた。95~99年は日本ハムを率いるなど通算20年の監督生活でリーグ優勝5回。通算1322勝(1136敗116分け)を挙げている。

 ヤクルトに敗れた78年の日本シリーズ最終戦では、故・大杉勝男氏の左翼ポール際の本塁打に対し、ファウルだと主張。「1時間19分の抗議」は語りぐさになっている。03年に野球殿堂入り。「ええで!」と、選手をほめてのせる「ええで節」が有名だった。