拡大する写真・図版 白亜紀後期カンパニアンのティラノサウルス科の一種、ゴルゴサウルスの復元イラスト(山本匠さん提供)

[PR]

 福井県立恐竜博物館は5日、熊本県天草市天草町にある白亜紀後期の地層「姫浦層群(ひめのうらそうぐん)・軍ケ浦層(いくさがうらそう)」(約8千万年前)から、二足歩行の肉食恐竜などが分類される「獣脚類」の歯の化石1個を発見したと発表した。断面がふくらみのある楕円(だえん)形になっている特徴から、全長7メートルを超えるゴルゴサウルスなどのティラノサウルス科のものと推定されるという。

 化石は2014年10月、天草市立御所浦白亜紀資料館との共同調査で採集された。歯を構成するエナメル質のある「歯冠(しかん)」部分で、高さ42ミリ、幅25ミリ、厚さ16ミリ。全体の高さは56ミリ以上あったと推測される。歯の前後の縁には「鋸歯(きょし)」と呼ばれる0・3ミリほどの凹凸があり、鋸歯の傾きから左上か右下のあごの歯と考えられるという。

 長崎市では13年以降に複数種の獣脚類の歯が発見され、14年にはティラノサウルス科の歯も見つかっている。調査チームのメンバーで恐竜博物館の宮田和周・主任研究員は「九州での恐竜の多様性を知る資料となり、今後周辺の地層からさらなる化石の採集が期待できる」と話す。

 発見された化石は、天草市立御所浦白亜紀資料館で15日~9月3日に一般公開される。(山田健悟)