[PR]

 小池百合子都知事が首都決戦で圧勝した。選挙戦では、都議会自民党を「ブラックボックス」などと攻撃し、批判票を一手に集めて都議会の主導権を握った。「選挙に強い」ことも実証し、将来の国政への進出も視野に入る。だが、足元では、築地市場の移転問題や2020年東京五輪・パラリンピックの財源など課題が山積みで、自らの勢力が大勢となった都議会との関係も問われる。

 「これまでの都議会、私が感じたのはそこに漂っている『昭和枯れすすき』のような空気。昔ながらの議会がずっと続いていた」。選挙戦最終日の1日、東京・代々木駅前で小池氏はこう訴え、最大会派の自民党中心の都議会を批判した。

 昨夏の都知事選以来、小池氏は一貫して都議会自民党と対決した。知事就任直後、築地市場の豊洲移転計画と2020年東京五輪・パラリンピック会場の新設計画の見直しをぶち上げたが、いずれも、かつての都知事と都議会自民が主導した事業だ。築地問題では石原慎太郎元知事、五輪では大会組織委員会会長の森喜朗元首相ら、都議会自民党と連携してきた大物をやり玉に挙げ、自らへの追い風につなげた。

 「反小池」の急先鋒(きゅうせ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら