[PR]

 香港政府は2日、香港返還20年記念行事の一環として、中国初の空母「遼寧」が7日に香港に寄港すると発表した。8~9日には香港市民に遼寧の内部などが公開される予定。

 中国海軍の梁陽報道官は2日、「香港の同胞に(習近平(シーチンピン)指導部発足後の)海軍を建設してきた巨大な成果をさらに理解してもらい、愛国の熱情をいっそう燃え立たせる」と意義を強調した。中国軍系ニュースサイトが伝えた。

 梁氏によると、遼寧には海軍の主力戦闘機「J15」などが積まれ、数隻のミサイル駆逐艦などが同行。香港市民や香港の駐留部隊とのさまざまな交流活動を行うという。(北京=西村大輔)

こんなニュースも