北陸を中心に大雨、4日にかけ東北でも 土砂災害に警戒

山本孝興
[PR]

 気象庁によると、活発な梅雨前線の影響で、3日は北陸を中心に大雨となっている。4日にかけて北陸や東北で非常に激しい雨が降る見込みで、同庁は土砂災害や川の氾濫(はんらん)などに警戒するよう呼びかけている。

 東北南部に停滞する前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだためで、西日本から東北では4日にかけて大気の状態が非常に不安定になる見通し。

 北陸地方では1時間に30ミリ以上の激しい雨を観測。新潟、石川、富山、福島などの各県では、土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が出されている地域もある。

 前線は停滞するため、北陸と東北南部を中心に4日にかけて局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込み。4日朝までに降る24時間の雨量はいずれも多いところで、北陸で250ミリ、東北南部で200ミリ、長野県で150ミリ。その後も雨は降り続き、4日午前6時から5日朝までの24時間の雨量はいずれも多いところで、北陸、甲信地方で100~200ミリ、東北地方で50~100ミリと予想される。(山本孝興)