[PR]

 テニスのウィンブルドン選手権は3日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで開幕。第1日は男女シングルス1回戦があり、女子では、世界ランキング59位の大坂なおみ(日清食品)が、同100位のサラ・ソリベストルモ(スペイン)を6―3、7―6で下し、本戦初出場を勝利で飾った。同94位の奈良くるみ(安藤証券)は、予選から勝ち上がってきた同142位のフランソワーズ・アバンダ(カナダ)に2―6、4―6で敗れ、4年連続の初戦突破はならなかった。男子では、世界ランキング3位で第5シードのスタン・バブリンカ(スイス)が、同49位の21歳、ダニル・メドベージェフ(ロシア)に、4―6、6―3、4―6、1―6で敗れる波乱があった。

聖地、「私に合ってる」

 大坂は第2セットでマッチポイ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら