[PR]

 東京都議選の選挙期間中の応援演説で「防衛省、自衛隊、防衛大臣としてもお願いしたい」と発言した問題をめぐり、稲田朋美防衛相は4日午前の閣議後会見で、都議選で自民党が惨敗した責任について「大変厳しい結果を厳粛に受け止めている」と繰り返した。党内で稲田氏の更迭を求める声が強まっているのを意識してか、反省の姿勢をアピールする「厳粛受け止め」大臣に様変わりした格好だ。

 稲田氏は会見冒頭、この日午前の北朝鮮によるミサイル発射について、事務方が用意したペーパーを手に「防衛省・自衛隊としては大臣指示に基づき、情報の収集、分析、警戒監視に全力を……」と読み上げた。その後、記者団から都議選の結果について問われると、「厳粛に受け止めている」と硬い表情で答えた。その後は相次ぐ質問に同じフレーズで答え、「厳粛受け止め」と5回繰り返した。

 稲田氏が「厳粛受け止め」を使…

この記事は有料会員記事です。残り290文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り290文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り290文字有料会員になると続きをお読みいただけます。