[PR]

 奈良市長選は9日投開票され、現職の仲川げん氏(41)が、前奈良県生駒市長の山下真氏(49)、地域NPO法人理事長の朝広佳子氏(56)、共産党県常任委員の井上良子氏(53)の新顔3人を破り、3選を果たした。仲川氏と山下氏は接戦だった。投票率は51・01%(前回60・06%)だった。

 仲川氏は税の徴収率向上や、先延ばしにされてきた新火葬場計画の都市計画決定など2期8年の実績を強調。市債残高の一層の縮減などを掲げ、「市政改革を加速させる」と訴えた。現職としての知名度の高さも生かした。

 山下氏は9年間の市長経験を生かし、事業を見直して歳出削減を図ると訴えた。自民の推薦を受けた朝広氏は、民間の立場で大型イベントに携わった経験をアピール。井上氏は国民健康保険料の値下げなどを主張したが、いずれも及ばなかった。(桜井健至)

こんなニュースも