[PR]

丸川珠代五輪担当相(発言録)

 (東京都議選の自民大敗を受けた政権の反省点について)言葉足らずはいけない。私自身も過去に反省をしたことがある身なので、「言葉を尽くして、心に答える」ということだと思う。

 2007年に私が当選した時は大変な逆風の選挙だったが、あの参院選に比べて(今回の都議選は)違う感覚だった。割と自民党支持者は非常に熱心に(活動を)されていた方が多かった。全体の世論がどうか、日々の活動の範囲だけで考えてはいけないということだ。選挙中にどれだけの人に会えたのか、総括しなくてはいけない。(閣議後会見で)