[PR]

 東京都議選で圧勝した地域政党「都民ファーストの会」の特別顧問を務める小池百合子都知事は4日、朝日新聞のインタビューに応じた。安倍政権について「(周囲の)忖度(そんたく)が少々強くなってきた」などと指摘し、選挙戦では前面に出さなかった政権批判に踏み込んだ。

 小池氏は都議選後の3日に同会代表を辞任。この日は、同会特別顧問としてインタビューに応じた。

 小池氏は政治家として安倍政権をどう見ているかとの質問に「今の政権、政党が(国政選挙候補の)公認を決めるというシステムにおいて、忖度がどうしても出てくる。その空気がかなり重くあったように思う」と述べ、自民党執行部の権限が強まった影響が出ているとの認識を示した。

 また、首相官邸の機能強化が進んだことに対し「それがある意味、功を奏して忖度とかお友達とか、そういったところが少々強くなってきたのかなと思う」と指摘。政権のおごりを感じるかとの問いには「色々な声が届かなくなる。(物言えば)唇寒し、になってしまうということではないか」と語った。

 同会の国政進出については「主体として新党を作ったりということは、都知事としての職をしっかり務めていきたいので、勘弁してよというその一言」「国政については色々な動きが出てくるから、遠くから見守るという形」などとした。小池氏が塾長を務める政治塾の受講者が国政選挙に立候補することには、「その方の自由だと思う。新しい人材を供給するというのは重要なことだ」と話した。

 一方で地方選への関与には積極…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら