[PR]

 北朝鮮は4日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の発射に成功したと発表した。日韓両政府によれば、ミサイルは4日午前9時40分ごろ、朝鮮半島西側の平安北道(ピョンアンブクト)亀城(クソン)市付近から発射され、日本の排他的経済水域(EEZ)内の日本海に落下した模様だ。新たな核実験とICBM試射の阻止を強く訴えてきた国際社会に挑戦する行動で、朝鮮半島の更なる緊張は避けられない。

 北朝鮮メディアによれば、金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長が3日に試射を命令。「火星14」は通常よりも発射角度を上げる「ロフテッド軌道」で打ち上げられた後、最高高度2802キロに達したという。「39分にわたり933キロを飛行した後、日本海に設けた目標水域に正確に着弾した」と主張した。正恩氏も現地視察したという。

 北朝鮮国防科学院は「核兵器とともに、世界のどの地域も打撃できる最強のICBMを保有する堂々とした核強国として、米国の核戦争による脅威を根源的に終わらせ、朝鮮半島と地域の平和、安定を守る」と主張した。

 日本の防衛省は4日、発射されたミサイルの高度は過去最高の約2500キロを超え、秋田県男鹿半島沖約300キロの日本海上に落下したと推定されるとした。

 韓国の軍事専門家の多くは、「火星14」を通常の角度で発射した場合、射程は最低でも米・ハワイを含む6千キロに達すると見ており、専門家の一部は射程8千キロを超えて米西海岸にも到達できるとしている。

 ただ、米太平洋軍司令部当局者とロシア国防省は北朝鮮が発射したのは「中距離弾道ミサイル」との見方を示している。

 北朝鮮が、大気圏に再突入した…

この記事は有料会員記事です。残り1068文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1068文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1068文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら