[PR]

 住民基本台帳(今年1月1日時点)に基づく日本人の人口が、前年より30万8084人少ない1億2558万3658人だったことが5日、総務省の人口調査で分かった。8年連続の減少で、今の調査を始めた1968年以降で最大の減り幅。昨年中の出生者数は初めて100万人を割った。

 人口が増えたのは6都県。人口が最多の東京は7万7400人増と、2位の神奈川県(7806人増)を大きく引き離した。人口が減った41道府県のうち、最も減少数が多かった北海道はマイナス3万3593人。新潟(マイナス1万9140人)、静岡(同1万7664人)が続いた。

 一方、昨年1年間に生まれた日本人は98万1202人。亡くなった人は130万9515人と、出生数を33万人近く上回った。

 外国人の人口は232万3428人。前年より14万8959人増え、6・85%の高い伸びになった。外国人を含め、大都市への一極集中が続いており、東京、名古屋、関西の三大都市圏の人口(1月1日現在)は、前年より14万人あまり増え6617万674人。11年連続で全国の人口の半数以上を占めた。(久永隆一)

都道府県別の日本人人口

    人口     前年比増減数

北海道 534.2  -3.3

青森  131.9  -1.4

岩手  127.1  -1.2

宮城  230.0  -0.6

秋田  102.5  -1.3

山形  111.2  -1.1

福島  192.6  -1.6

茨城  290.3  -1.3

栃木  195.5  -0.9

群馬  194.9  -1.0

埼玉  719.4  +0.7

千葉  615.2  +0.7

東京  1304.3 +7.7

神奈川 896.9  +0.7

新潟  228.6  -1.9

富山  105.9  -0.6

石川  114.1  -0.4

福井  78.2   -0.5

山梨  83.0   -0.5

長野  209.4  -1.2

岐阜  201.9  -1.2

静岡  368.0  -1.7

愛知  731.5  +0.7

三重  179.8  -1.0

滋賀  139.5  -0.08

京都  251.5  -0.6

大阪  864.6  -1.1

兵庫  550.6  -1.7

奈良  136.8  -0.8

和歌山 97.8   -0.9

鳥取  57.1   -0.4

島根  68.9   -0.5

岡山  190.3  -0.7

広島  281.2  -0.8

山口  139.4  -1.1

徳島  75.8   -0.6

香川  98.7   -0.5

愛媛  139.4  -1.1

高知  72.8   -0.7

福岡  506.2  -0.05

佐賀  83.2   -0.5

長崎  138.1  -1.1

熊本  178.6  -1.3

大分  116.5  -0.7

宮崎  111.4  -0.8

鹿児島 166.0  -1.2

沖縄  145.3  +0.4

単位万人。2017年1月1日時点。千人未満は切り捨て

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/