[PR]

 九州北部の豪雨に伴い、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社は、携帯電話やスマートフォンで安否情報の登録や確認ができる「災害用伝言板」と、音声を録音できる「災害用音声お届けサービス」を始めた。

 また、NTT西日本は「災害用伝言ダイヤル(171)」の運用を始めた。対象は福岡、大分の各エリアの市外局番で始まる固定電話と、携帯電話、PHS、IP電話。「171」に電話して音声案内に従うと、30秒以内の伝言を10件まで録音できる。パソコンや携帯電話を使いインターネット上で安否を確認する「災害用伝言板(web171)」の運用も始めた。