[PR]

 7日の七夕を前に、山形市の公園通り商店街に七夕飾りが登場した。近くの幼稚園など20施設から募ったもので、6日に飾りを付けた29本の竹が設置された。公園通り商店街振興組合が20年以上前から続けているという。

 「サッカーがうまくなりたい」などと夢や願いが書かれた短冊に、同組合の会田行雄理事長(71)は「一つ一つみるとうれしくなる」と目を細めた。

 飾りの設置は9日まで。9日午前11時~午後1時には山形市大手町の最上義光歴史館前で、屋台などが出る「七夕祭りお楽しみ会」がある。(青山絵美)