[PR]

 東京都と環境省は6日、品川区八潮2丁目の東京港・大井埠頭(ふとう)で、貨物船から陸揚げされたコンテナ内で強い毒を持つ外来種の「ヒアリ」が見つかったと発表した。国内ではこれまでに大阪府や兵庫県、愛知県で見つかっている。

 都などによると、見つかったヒアリは1匹で、体長約4ミリ。女王アリではなく、働きアリという。人への健康被害は出ていない。

 ヒアリが見つかったコンテナには元々、工業製品が入っていた。中国広東省の港で船に載せられ、香港で東京行きの貨物船に積み替えられて、6月27日に東京・大井埠頭に到着した。

 陸揚げして千葉県君津市で荷物が取り出された後、大井埠頭に戻され、今月3日、コンテナ業者が内部を点検作業中にアリ1匹を見つけた。その場で殺処分し、専門機関の調査で6日にヒアリだと確認された。業者の調査では、この1匹以外は見つからなかったという。

 環境省などは7日以降、周辺で緊急調査やヒアリを殺す薬の散布を実施する。都内の別の埠頭でも緊急調査する予定という。

 今回ヒアリが見つかった貨物船は東京港のあと、横浜、千葉、名古屋、大阪、神戸を経由し、台湾に向かったという。