[PR]

 横浜市漁業協同組合の柴支所(柴漁港)で揚がる「小柴のアナゴ」は江戸前ずしの定番だ。週末になると、その柴漁港の一角に行列ができる。

 2011年にオープンした「小柴のどんぶりや」は金~日曜・祝日の営業。新鮮な魚介類を提供するという評判が広がり、現在は県外からもお客さんが訪れる。店長の窪田幸介さん(29)は料理人だったが、「どんぶりや」を仕切るため転職し、漁協職員となった。父と2人の兄は小柴の漁師だ。

 小柴ではアナゴのほか、タチウ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも