宮内庁は7日、当初8日に予定していた秋篠宮家の長女眞子さま(25)の婚約内定の発表を延期することを決めた。九州北部を襲った記録的な豪雨で大きな被害が出ていることに配慮した。延期後の日程は未定。

 眞子さまは、国際基督教大学時代の同級生の小室圭さん(25)との婚約内定に向け、準備を進めており、8日午前に天皇陛下が眞子さまと小室さんの結婚を認める「裁可」を行い、宮内庁の山本信一郎長官が婚約内定を発表する予定だった。午後3時からは、眞子さまと小室さんが記者会見する予定だったが、いずれも延期することにした。

 災害被害に配慮し、皇室の慶事の発表が延期された例は過去にもある。2005年に結婚した天皇、皇后両陛下の長女の黒田清子さん(紀宮さま)は、新潟県中越地震の被災者に配慮し、婚約内定の発表を延期した。