[PR]

 福岡市博多区で7億5千万円相当の金塊が盗まれた事件にからみ、事件に関与したとされる無職の男から現金500万円を脅し取ったとして、愛知県警に恐喝容疑で逮捕された会社役員野口和樹容疑者(42)=愛知県尾張旭市=の勾留理由開示の法廷が7日、名古屋地裁であった。

 野口容疑者は、共犯で逮捕された暴力団幹部から、3千万円を用意するよう脅されていたとして「自分は被害者だ」と述べた。弁護側は、野口容疑者が暴力団幹部からの要求について、愛知県警に事前に相談していたと主張した。

 また、金塊窃盗事件をめぐり、愛知県警の警察官が容疑者グループ側に情報を漏らしたとされる疑惑について、野口容疑者は「(愛知県警の警察官から)福岡県警が捜査しているとは聞いた」と話した。一方、具体的な捜査情報については「聞いていません。もらっていない」と否定した。