[PR]

編集委員 松下秀雄

 東京都議選最終日の秋葉原駅前。自身に抗議する人たちを指さし、「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と叫ぶ安倍晋三首相の姿にため息がでた。またか。

 4年前の都議選の時にも渋谷駅前で、抗議する人たちを非難した。腹の虫がおさまらなかったのか、首相はフェイスブックでも彼らを「左翼の人達」「恥ずかしい大人の代表」とののしった。実際には環太平洋経済連携協定(TPP)反対派で、日の丸を手に参加する人もいたのに。

 だいたい、批判を連呼しても主権者じゃないか。このむき出しの敵意、なんなのか。

 首相の著書「新しい国へ」を、本棚から抜き出す。自身の少年期や青年期を記したくだりを読み、へーっと思ったのは、その反骨心だ。

 高校の授業。日米安保条約破棄…

この記事は有料会員記事です。残り884文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り884文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り884文字有料会員になると続きをお読みいただけます。