[PR]

元検事・郷原信郎弁護士

 大阪地検が補助金不正受給の疑いで6月に森友学園や籠池泰典前理事長の自宅を家宅捜索したのは、国会閉会に伴う安倍晋三首相の会見直後。政府と示し合わせたと疑われても仕方ないタイミングだった。

 しかも、容疑のうち幼稚園の補助金不正受給などは本来、警察で捜査するのが一般的で、地検特捜部で手がける事件ではない。籠池容疑者が「国策捜査」と受け止めるのも理解できる。

 国策捜査とは、一般的に政府の意向に沿う形で、特定の者だけを不公平に狙い撃ちするような捜査。今回の大阪地検の捜査も、籠池夫妻の逮捕について「証拠隠滅のおそれ」があるのか、国の補助金の不正受給なのに、なぜ補助金適正化法違反ではなく詐欺容疑で逮捕したのかなど不可解な点が多々ある。捜査の進め方や判断に不自然さがあることは否めない。

 森友学園を巡る土地取引の問題…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら