[PR]

 野球の裏方には、様々な仕事がある。場内アナウンスもその一つ。兵庫県に本社を置く「ベースボールプランニング」は、アナウンスの技術を学べる数少ない場だ。代表の藤生(ふじう)恭子さん(38)の行動力に驚かされながら、設立の目的や野球への思いを聞いた。

 「『1番』と『センター』の間には一呼吸、空けましょう」

 「シートノックのときは、1分経過するごとに、バックスクリーンの『BSO』が一つずつ点灯します。『ノック時間、あと1分』と言うときの参考になります」

 6月中旬、ベースボールプランニングの甲子園オフィス(兵庫県西宮市)で、高校野球のアナウンスを学ぶ女性たちを前に、藤生さんの声が飛んだ。

 「先発選手の発表は、どこの球…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも