[PR]

 9日午前9時半ごろ、大阪市西区の京セラドーム大阪で横断幕の設置中に鉄パイプが落下する事故があり、グラウンドでウォーミングアップをしていたプロ野球オリックスの中島宏之内野手(34)が腰や背中などに打撲を負った。中島選手は同日のロッテ戦でベンチ入りしたが、出場しなかった。

 球団によると、作業はグラウンドから約18メートルの高さにあるバックスクリーンのそばで行われており、約2メートル、重さ約6キロの鉄パイプが過ってグラウンドに落ち、ワンバウンドしてから中島選手に当たったという。玉川民平事業本部副本部長は「お騒がせをして申し訳ない。作業の全てを見直して善処していく」。大阪府警西署にも連絡を入れたという。福良監督は試合後、中島選手について「本人は試合に出ると言っているが、2、3日は無理かなと思う」と説明した。