[PR]

 大政奉還の舞台になった世界遺産・二条城(京都市)の前にあるANAクラウンプラザホテル京都が、お菓子で二条城を作り、ロビーに展示している。

 砂糖とゼラチンを練った生地を使い、ココアなどで着色。幅420センチ、奥行き246センチ、高さ45センチで、江戸期に焼失した天守も文献などから再現した。

 市によると、天守復元を望む声は大きいが、費用は100億円規模ともいわれ、道は険しい。「せめてお菓子の天守で甘い夢をみませんか」と同ホテル。