[PR]

 横浜市立大学付属病院(横浜市金沢区福浦)に設けられている院内学級で、プロダンサーによるダンスワークショップが開かれた。講師の河内(かわち)優太郎さん(25)は小学1年生のとき同学級に通い、現在は人気アイドルグループのバックダンサーを務めたり、CMやドラマ、舞台に出演したりして活躍中。後輩たちにダンスを通じて元気になってもらいたいと来院した。

 同学級は、横浜市立浦舟特別支援学校(南区)の分教室。病気やけがなどで入院中のため学校に通えない小中学生約15人が学ぶ。

 6月29日に開かれたワークショップには、児童生徒約10人が参加。河内さんが「となりのトトロ」などの音楽に乗せて「泳ぐまねをしてみよう!」などと大きな身ぶりで明るく声をかけると、感染予防としてマスクを着けた子どもたちに笑顔が広がった。ペアを組んでポーズを考え、全員でダンスも創作した。

 河内さんは院内学級時代を振り…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。