[PR]

 「ようやく戻って来られました」。19歳の夏、高松望(のぞみ)ムセンビ(大阪陸協)は自分が走ったばかりのトラックを眺め、晴れやかな笑顔で言った。

 先週末、陸上の大阪選手権(ヤンマースタジアム長居)に彼女の姿があった。女子800メートルに出場し、予選は2分14秒51、決勝は2分11秒33で5位だった。「今回は勝ち負けじゃなく、自分の感覚を取り戻すためのレースでした。去年の10月以来だったんで不安もありましたけど、順調にきてると思います」。第二の陸上人生へ踏み出せた充実感でいっぱいだった。

 2014年世界ジュニア選手権女子3000メートルで4位、同年のユース五輪の3000メートルで金メダル。日本中長距離界のホープは昨春、大阪薫英女学院高を卒業して海を渡った。米ナイキ社が長距離ランナー強化のためにつくった「ナイキ・オレゴンプロジェクト」に参加。20年東京五輪のトラック種目で金メダルをとるため、世界の精鋭集団に飛び込んだ。

 挑戦は、ものの見事に跳ね返された。「レースに出ればベッタばっかりで……」。「ベッタ」は大阪弁で最下位の意味。まるで通用しなかった。3歳で父の祖国ケニアから日本へやってきて、母のふるさと大阪で暮らしてきたが、こんなに大きな挫折は初めてだった。「落ち込んで、結構泣くこともありました」。チームの正式メンバーにもなれないまま。それでも周りの人たちはみんな優しかった。同じプロジェクトに参加する大迫傑(すぐる)も移動時に車に乗せてくれたし、自宅にも招いてくれた。だからこそ、いい結果で応えられない自分が悔しかった。

 昨年10月のレースに、腹をく…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら