[PR]

 福浦駅から歩いて5分ほどのところに、鉄製の中華鍋を中心にした金属加工品を扱う「山田工業所」がある。製品の種類を聞いてみると「鍋一つでも、厚さや大きさが違うしわかんないなあ。オーダーメイドみたいなもんだから」と山田豊明社長(70)は笑った。

 1957年、横浜市保土ケ谷区で創業。金型で大量生産する鍋ではなく、ひたすらたたいて鍋を形にする「打ち出し式」が特徴だ。80年代、「横浜金属団地」と呼ばれる同市金沢区の現在の場所に移転。周辺には工業団地が広がる。

 「ここへ移転してよかった」と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも