[PR]

伏木亨・龍谷大農学部教授

 日本の国民食であるカレーライスは世界中で人気上昇中である。カナダの地方に子供を短期留学させた親の話によると、お土産のなかで現地のホスト家族に最も好評だったのは日本のカレールーであったという。

 カレーライスは不思議なことにどこで食べてもおいしい。いままでまずくて食べきれなかったカレーライスはない。田舎町の食堂であっても、駅のカレー屋であっても、ホテルのレストランであっても、はては山の上のロッジでも、子供会キャンプの手製カレーでも、どれもおいしい。

 カレーライスが必ずおいしいのは一体なぜか。どうして失敗作がないのか。

 大学の研究室で、幾つかのカレーを試食したことがある。食品メーカーがカロリーを削減したレトルトカレーを試作したので、それを評価した。市販されているレトルトカレーに対して、原料の油脂を大幅に削減したもの、さらに、試作した低カロリーカレーに何種類かの味を足してコクのある濃い味を狙ったもの。これらを比較しながら食べ比べたのである。

 試食実験は中身が何かはわから…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら