[PR]

 将棋の第88期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)の第4局は11日、新潟市西蒲区で指され、羽生善治棋聖(46)が挑戦者の斎藤慎太郎七段(24)に127手で勝ち、対戦成績3勝1敗でタイトルを防衛した。これで、将棋界のタイトルの通算獲得数を98期とし、自身の持つ最多記録を更新した。

 羽生棋聖は棋聖10連覇で、歴代1位タイの通算16期目の獲得。王位、王座とあわせ、三冠の座を保った。前人未到のタイトル通算100期に向けて、前進した。

 斎藤七段は、近年勢いのある日本将棋連盟関西本部所属の若手の一人。タイトル戦登場は初めてで、第3局で1勝を挙げたが、及ばなかった。