[PR]

 産業用ロボット大手のファナック(本社・山梨県)が筑西市内の県工業団地に建設を予定している新工場の起工式が12日にあった。来年5月の完成予定で、8月から稼働の見通し。最終的には月間4千台のロボット生産を目指すという。

 筑西市田宿の「県つくば明野北部(田宿地区)工業団地」で、同社はロボットと機械加工の工場を2棟(延べ床面積約16・6ヘクタール)を建設する。周辺では、2工場が稼働しており、一体的な生産態勢を目指す。

 同社は昨年6月、県と同工業団地全体約28・7ヘクタールの土地売買契約を結び、約55億6800万円で取得した。土地や工場、生産設備など合わせて約630億円の投資を見込んでいる。

 起工式には、同社の稲葉善治会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら