[PR]

 中国電力は13日、島根原発(松江市)の南側を東西に走る活断層「宍道断層」の長さの評価について、東西約25キロから約39キロに見直すと発表した。これまでの断層の東端からさらに東の方向に活断層がある可能性を、原子力規制委員会から指摘されていた。

 この日に松江市内で自治体向けの説明会を開き、明らかにした。

 活断層の長さは、原発の耐震設計の元となる基準地震動の確定にかかわる。基準地震動が高まれば、安全対策費が膨らむ可能性がある。中電は、島根原発から離れる方向に延びることなどから「(基準地震動の)大きな見直しにはつながらないのではないか」との見方を示した。

 中電によると、新たに活断層と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら