[PR]

 観賞魚のヒメダカと河川や水路にすむメダカとの交雑が進み、両方の遺伝子をもつ個体が少なくとも19都道府県に生息していることが、近畿大の北川忠生准教授(保全遺伝学)らの研究チームによる調査で分かった。飼育しきれなくなったヒメダカが放流されるなどして、交雑が広がったとみられる。15日に大阪府で開かれる日本魚類学会の公開講座で報告する。

 ヒメダカは黄色がかった明るい体色が特徴で、観賞用に広く流通している。小学校などで飼育されるケースも多い。

 研究チームは、河川などに生息するメダカの遺伝子を国内の123地点で調査。東京都や大阪府、愛知県、奈良県などで、メダカとヒメダカの両方の遺伝子を持つ個体が見つかった。

 もともとメダカが生息していな…

この記事は有料会員記事です。残り288文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り288文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り288文字有料会員になると続きをお読みいただけます。