すずが見た広島、街は今 爆心地「ここに生活があった」

有料記事

北村浩貴 松崎敏朗 宮崎園子
[PR]

 その瞬間まで、確かにそこにあった街、暮らし、命。当時の人々の営みを丹念に描いた映画この世界の片隅に」がロングランを続けている。主役のすずが見つめた風景から、失われたものに思いをはせる。原爆投下から、きょうで72年――。

主演・のんさん「普通の暮らしがキラキラ」

 「この世界の片隅に」は、日常を…

この記事は有料記事です。残り2475文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント