[PR]

 J1川崎のサポーターがアジア・チャンピオンズリーグの試合で旭日旗(きょくじつき)を掲げたため、川崎がアジアサッカー連盟(AFC)から無観客試合処分などを科された問題で、川崎は14日、AFCの不服申し立て委員会に上訴した。川崎の藁科社長によると、AFCは処分の理由について「独立した調査の結果、旭日旗を韓国で韓国のチームに掲げたのは差別にあたる」などと説明しているという。藁科社長は「『独立した調査』というのはいつ、誰が、どのようにまとめたものなのか言及がない。根拠が示されない中で判断を下すのはおかしい」などと上訴に踏み切った理由を語った。