[PR]

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は14日、宮崎駿監督の発言をネット上から誤引用したフジテレビの情報バラエティー番組「ワイドナショー」などについて、審議対象にしないと決めた。一方で今後、番組制作者に対しネットでの情報収集の在り方について注意喚起する委員長コメントを出すとしている。

 番組は、宮崎監督が長編アニメからの引退を撤回した話題を取り上げた5月28日の放送回。監督が過去に繰り返し引退を宣言したとして発言内容を紹介したが、実際はネット上の情報を転用したもので、本人の発言ではなかった。

 川端和治委員長は「ネットに頼って材料集めをする危うさを示した事案。注意喚起したい」と話した。