[PR]

 酒を飲んで車を運転したとして、山梨県警は15日、県警日下部署刑事課の警部補、早川幸仁容疑者(47)=甲府市国玉町=を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 県警によると、早川容疑者は14日午後11時10分ごろ、甲府市和戸町の飲食店の駐車場で酒気を帯びて乗用車を運転した疑いがある。バックさせた際に別の乗用車に衝突、110番通報で駆け付けた警察官が調べたところ、早川容疑者の呼気から基準値を超えるアルコールが検出された。

 この日は勤務終了後、山梨市内の飲食店で午後8時半ごろから約2時間、同僚と2人でビールなどを数杯飲み、運転代行を頼んだと話しているという。事故を起こした駐車場は自宅から約400メートル離れている。