[PR]

 TOKIOの国分太一くんがMCを務める「ビビット」(TBS系)の視聴率が上昇しています。

 同枠で「いっぷく!」がスタートしたのは2014年の3月31日。「いっぷく!」は、わずか1年で終了してしまい、真矢ミキさんを迎えて「ビビット」が始まったのは、15年3月30日。

 今年4月からは、夕方の「Nスタ」のメインキャスターを7年間担当された元NHKアナウンサー、堀尾正明さんを特別MC=ニュース雑学おじさんとして迎え、番組の表情がまた大きく変わりました。

 その間、アナウンサー陣やコメンテーターの入れ替わりもあって、太一くんはその都度、仕切り直しを余儀なくされたと思われます。

 しゃべり手のレギュラーが増えるということは、太一くんがコメントする時間が少なくなってしまうということ。それはメインMCにとって、どんなメンタルになるのだろう……と、実は、ちょっとヒヤヒヤしながら見守らせていただいていました。放送作家の職業病のようなものです。

 そんな折、久々に「ビビット」のスタジオゲストとして呼んでいただきました。7月17日の祝日のことで、それより約2週間前に収録していた「芸能座談会」のVTRがオンエアされる予定の日でした。

 が、独自に、あの松居一代さんのネタを総力取材している「ビビット」が、四半世紀前から松居さんとお仕事をしていた私をスタジオゲストとして呼んでくださったのです。

 朝7時、メイク室に入ると、太…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら