[PR]

てんでんこ 皇室と震災・第2部17

 新潟県中越地震の発生から2週間後の2004年11月6日、新潟県長岡市の訪問を終えた天皇、皇后両陛下は、自衛隊ヘリで午後2時半ごろに新潟県小千谷(おぢや)市に入った。

 小千谷市の助役だった佐藤知巳(さとうともみ)さん(77)や秘書係長だった西脇直樹(にしわきなおき)さん(60)によると、両陛下訪問の連絡が県から来たのは1週間ほど前だった。休憩所はヘリポートとなる白山運動公園近くの施設に決めたが、トイレが使えない状況だったため、急いで施設の上下水道の修理を間に合わせた。

 休憩所については、新潟県を通じて宮内庁から細かい要請があった。「休憩室で接待するのは女性職員1人のみで、それ以外の人は入室しないでください」「部屋の外から見られないよう、ブラインドのすき間もテープで目張りしてください」

 避難所の小千谷市総合体育館に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら