[PR]

 熱中症対策には水分補給が欠かせない。だが、大量の汗をかき、症状が悪化している時に水だけを飲み続けると、かえって脱水が悪化してしまう。

 汗をかき、塩分などの電解質を失ったとき、水だけを飲み続けると、体液の電解質濃度が薄まる「低ナトリウム血症」になってしまい、体の電解質濃度を保とうと、逆に利尿作用が進んでしまうからだ。

 そうした状態にならないように、熱中症対策で使われているのが、経口補水液。ナトリウムなどの塩分や、カリウム、糖分を小腸で吸収しやすい濃度に作られている。小腸で吸収されるときは、少量の糖質を含んでいる方が吸収が早いことが分かっており、こうした研究をふまえて市販の経口補水液は作られている。

 経口補水液は、もとは途上国で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら