安倍晋三首相は、6月に92歳で亡くなった大田昌秀・元沖縄県知事の県民葬に出席するため、26日に沖縄県を訪問する検討に入った。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設をめぐる沖縄県との対立や内閣支持率の下落が続く中、沖縄重視の姿勢を示す狙いがありそうだ。

 首相官邸の幹部が明らかにした。県民葬は26日午後2時から宜野湾市であり、同県や関係自治体などで作る実行委員会が主催。首相や閣僚に案内状を送付し、出席を呼びかけていた。24日を軸に検討されている国会の閉会中審査の日程次第で、出席を見送る可能性もある。