[PR]

 南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊が作成した日報が「廃棄した」とされた後も陸自内で保管されていた問題をめぐり、稲田朋美防衛相は19日夕、「日報を非公表にするとか、隠蔽(いんぺい)するということを了承したことはない」と述べ、防衛省として非公表を決めたプロセスへの自身の関与を改めて否定した。稲田氏はまた、「陸上自衛隊にデータが残っていたという報告があったという認識はない」とも述べた。

 防衛省で記者団の質問に答えた。一部報道で2月15日にあった防衛省や陸自の幹部らとの会議でデータ非公表を「了承」したと報じられたことについては、稲田氏は「2月15日は断続的に国会の対応に関して打ち合わせをしていたことは事実だが、(データを公表するか)対応を決めるための緊急会議を開催した事実はない」と強調した。