【動画】本田真凜選手と3人の兄妹たち=後藤太輔撮影
[PR]

 あなたがいるから、頑張れる――。24日であと200日の平昌(ピョンチャン)五輪を控えた選手のそばには、ともに夢に向かう家族やパートナーの存在がある。

夫は選手、妻がコーチ「年々仲良くなっている」

 カーリング男子日本代表の山口剛史(32)=SC軽井沢ク=のたくましい肉体は、妻の七重さん(33)のトレーニング指導のたまものだ。七重さんはピラティストレーナー。長岡はと美コーチ(64)の4人の子どもの末っ子で、一人娘でもある。

 「初めて会った気がしなかった」。2人は同じ言葉で出会いを振り返る。青森大3年だった山口が夏休みにコーチ宅に下宿するため長野県軽井沢町に来た時、母に頼まれ、駅まで車で迎えに行ったのが七重さんだった。

 「彼女の言葉は、心の底に響く」と山口は言う。2014年ソチ五輪出場を逃し、競技を続けるか1人で悩んでいた時期。「やるならやりなさいよ」と一喝され、迷いが吹き飛んだ。「本当に全力でやってきたのか、諦めちゃいかんって思えた。七重がいなかったら、辞めていたかも」

 五輪出場は、七重さん自身の夢でもあった。3歳でスピードスケートを始め、中学3年でひざをけがするまでは、平昌五輪で金メダルを目指す小平奈緒らと全国レベルで競り合った。

 が、夢を夫に託したわけではない。「支える妻」という見られ方にも違和感がある。「出会った時から、存在自体が互いのサポートになっている感じ」と七重さん。服飾専門学校の教員時代にピラティスを始め、ハワイまで勉強に通った。そして13年に軽井沢町にスタジオ「shinkokyu(シンコキュウ)」をオープン。その情熱と行動力は「一直線ですごい人」と山口を驚かせたが、「前に進む山ちゃんの姿が、一歩踏み出す勇気をくれた」と感謝する。

 結婚8年目。山口は「この人と一緒にいれば自分は大きくなれる、と思える。ずっと近くにいて欲しいなと思う」。七重さんは「ひたすらピュアにカーリングをやってきた、天然記念物みたいな人。例えば五輪後に落ち込んだとしても、山ちゃんが山ちゃんでいてくれれば私はハッピー」と笑う。敬意と信頼でつながる2人は「結婚した時より、今の方が仲がいい。年々仲良くなっている」そうだ。

夫婦とも選手「お互いの頑張り、隣で一番分かっている」

 バイアスロンの立崎幹人(29)、芙由子(28)は、夫婦で競技の第一線を走る。今年2月の札幌冬季アジア大会では、男女4人の混合リレーで3位となり、並んで表彰台に立った。

 ともに自衛隊所属で、シーズン中は一緒にワールドカップ(W杯)を転戦する。スタッフの計らいで遠征先で同部屋になることも。一年中、ほとんど同じ時間を過ごしている。一年中同じ時間を過ごす2人の流儀は、「励まし合わない」ことだ。幹人は言う。「お互い頑張っているのは、隣にいて一番分かっている。だから、頑張れという必要はないんです」

 幹人が早大を経て入隊した11年に知り合った。秋田・米内沢高出の芙由子は自衛隊では4年先輩。2人とも、自衛隊に入るまではスキー距離の選手だった。芙由子は高校時代から、青森・野辺地高の幹人の存在を知っており、「大会で一番になるし、成績も良く、すごくモテてた」と振り返る。

 暇つぶしの動画を薦めるメールのやり取りがきっかけで、心の距離が縮まった。ソチ五輪後に交際し、15年に結婚した。

 女子は5人の五輪出場枠を獲得したが、男子は今季のW杯の成績次第となる。初出場をめざす幹人にとって、五輪は「小さい頃からの夢」。3回目の出場に向かう芙由子は「諦めないでよかったと思ってもらいたい。だから、一切プレッシャーはかけない」。応援は心の中だけでする。

きょうだいの喜ぶ顔、見たくて

 「五輪に出られたら、どんな反応をしてくれるかな」。フィギュアスケート女子で、今季シニアデビューした本田真凜(15)=大阪・関大高=は、きょうだいの喜ぶ顔を想像する。

 一番上に姉がいて、真凜は5きょうだいのちょうど真ん中にあたる。同じ競技に取り組む兄や妹2人は、良きライバルであり、助言や激励をしてくれる心の支えでもある。「いい感じでバランスが取れていて、いい共演ができている」

 今年3月の世界ジュニア選手権(台北)で、兄の太一(18)からは「集中して」とメッセージがきた。望結(みゆ、13)は試合前は何も送ってこず、試合後にすごく褒めてくれると言い、辛口だという紗来(さら、10)からは「スピン、なんで(最高のレベル4じゃなくて)レベル3なの?」。三者三様の励ましがあった。

 フリーでは、浜田美栄コーチに「憧れのお姉ちゃんだと言ってもらえる演技ができたらいいね」と声をかけられて送り出された。真凜は「(みんなテレビで)見ているかなと思って、全然緊張もなくあっという間に終わった」と、ほぼ完璧な演技で銀メダルを獲得した。

 五輪への挑戦は、4年後も8年後も現実的だ。しかし、真凜は「以前はそう思っていたけど、(挑戦は)2回。なぜか? 紗来がシニアに上がってくるから。それまでに引退するのを目標にしてやりたいな。早く達成出来ればいいなと思います」。妹との五輪代表争いは避けたいという思いを明かし、「(シニアに上がったばかりの)いい年に五輪があるので、自分のペースで楽しく目指したい」と、五輪を狙う意思を再確認した。(渡辺芳枝、勝見壮史、後藤太輔