[PR]

 菅義偉官房長官は20日午前の記者会見で、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の部隊が作成した日報をめぐる防衛監察本部による調査について、いまは監察対象となっていない稲田朋美防衛相からも聞き取り調査をする可能性を示唆した。「防衛監察本部から求めがあれば、稲田防衛相をはじめ政務三役は協力することになるだろう」と述べた。

 日報は「廃棄した」とされた後も陸自内で保管されていたことが発覚。防衛監察本部は防衛省職員を対象に、組織的な隠蔽(いんぺい)の有無を調査する特別防衛監察を進めている。日報の非公表を決めた過程で稲田氏の関与があったかどうかも焦点で、菅氏は「すべての疑問に答えられる調査をするのは当然だ」と説明した。

 ただ、特別防衛監察は稲田防衛相が指示したもので、どこまで実効性が担保できるかは不透明だ。

 政府関係者によると、稲田氏は21日にも監察結果を公表する方向。菅氏は発表時期について「コメントは差し控えたい」と述べた。