[PR]

 芸術作品に囲まれながら眠る――。そんな宿泊スペースが九州で相次いで誕生している。室内や館内に作品が並び、その世界にどっぷり浸れるのが魅力だ。全身で味わう体験は、アートとの新しい出会いの形としても注目を集めている。

 大分県別府市の浜脇地区は別府温泉発祥の地とも言われ、昔ながらの風情が残るエリア。狭い路地を抜けた先にある「浜脇の長屋」は、築100年以上の長屋を改築した宿泊施設だ。

 「天空の庭」と名付けられた部屋の扉を開けると、目の前に紺碧(こんぺき)の海のような幻想的な景色が広がる。2階にある床が透明な強化ガラスの寝室では、下からの青い光に包まれながら眠ることができる。

 伊ミラノを拠点に活躍するアーティスト・廣瀬智央さんの作品で、2012年に別府で開かれた国際芸術祭「混浴温泉世界」で披露した。その後、NPO法人「BEPPU PROJECT」(別府市)が管理運営を担い、13年から宿泊施設として開放してきた。

 今年4月末には新しい部屋「白い箱」が加わった。外観は長屋だが、中には、白壁のギャラリーのような空間が広がる。壁にはフィリピン出身のアーティスト、ラニ・マエストロさんの10枚の絵画が並ぶ。09年の「混浴温泉世界」で制作されたもので、静寂の中で心ゆくまで作品と向かい合える。

 若手芸術家が部屋のデザインを手がけ注目を集めているのが、福岡県筑後市のJR羽犬塚駅前にあるビジネスホテル「MEIJIKAN」だ。

 100年以上続く老舗ホテルだったが、オーナーが「人々が集う場所にしたい」と福岡市のデザイナーに相談。九州在住の若手アーティスト4人に、「筑後」をテーマに制作を依頼した。4階建ての最上階で1人1部屋をプロデュースした「アートホテル」だ。

 鹿児島市の美術作家・平川渚(…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら