[PR]

 不動産賃貸で、架空の物件や契約済みの物件を不動産業者がインターネット上に載せ、客を引きつける「おとり広告」。大手不動産情報サイトの運営会社が調べたところ、2016年度に確認された違反物件は近畿エリアで1206件と、全国最多だった。業界の自主規制団体は8月から、対策強化に乗り出す。

 おとり広告には、架空物件や契約済み物件のほか、取引する意思がない物件を掲載する手口もある。いずれも、客を引きつけておいて、別の物件を薦める。

 景品表示法違反などに該当するが、「at home」「CHINTAI」「マイナビ賃貸」「LIFULL(ライフル) HOME’S(ホームズ)」「SUUMO(スーモ)」の大手5サイトで確認されただけでも、16年度に2812件あった。近畿と首都圏(1091件)で全体の8割を占めたが、担当者は「数字は氷山の一角」としている。

 不動産業界の自主規制団体「近…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら