[PR]

 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の日報をめぐる問題で、稲田朋美防衛相は21日午前の閣議後会見で、自らが日報隠蔽(いんぺい)に関与した可能性が報じられていることを受け、「報道された事実関係についても調査にできるだけ早く協力したい。現在、防衛監察本部と日程の調整をしている」と述べ、近く特別防衛監察の聞き取り調査に応じる考えを示した。

 日報の取り扱いをめぐっては、「廃棄した」とされた後に保管が判明した陸自内のデータを非公表と判断した経緯について、防衛相直轄の防衛監察本部が組織的な隠蔽の有無を調査している。政府関係者によると、稲田氏や黒江哲郎事務次官らが出席した2月中旬の省内の幹部会議で、陸自内にデータがあることが報告された。陸自側はこうした経緯を監察本部に説明しているという。

 稲田氏は3月の衆院安全保障委員会で「報告はされなかった」と答弁しており、虚偽答弁の疑いが指摘されている。稲田氏は会見で「日報のデータが陸自に保管されているとの報告を受けたこともなかったことは重ねて言いたい」と述べ、改めて関与を否定。2月中旬の会議は「国会対応の打ち合わせをしたが、隠蔽のための会議はない」と説明した。また、「私は一貫して情報公開を推進し、事実解明に取り組んできた。非公表や隠蔽を了承するといった行動はこれまでの姿勢とは真逆で、あり得ない」とも語った。

 引責辞任の可能性については、稲田氏は「やるべきことをしっかりやりたい」と否定。8月初旬の内閣改造で交代する方向だが、「私の責任のもと、事実解明を行い、説明責任を果たしたい」と述べ、改造前に監察結果を公表する考えを示した。