[PR]

 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の日報をめぐる問題で、稲田朋美防衛相は21日午前の閣議後会見で、自らが日報隠蔽(いんぺい)に関与した可能性が報じられていることを受け、「報道された事実関係についても調査に協力したい。現在、防衛監察本部と日程の調整をしている」と述べ、近く特別防衛監察の聞き取り調査に応じることを明らかにした。

 稲田氏はさらに「私の責任のもとで結果を公表する」とも強調。自身が主導して、近く監察結果を公表したいという考えを改めて示した。

 日報の取り扱いをめぐっては、「廃棄した」とされた後に保管が判明した陸自内のデータを非公表と判断した経緯が問題になっている。防衛相直轄の防衛監察本部が組織的な隠蔽(いんぺい)の有無を調査。陸自側は調べに対し、データが保管されていたことを稲田氏に報告したと説明。一方、稲田氏は一貫して「報告を受けていない」としており、両者の言い分は対立している。

 調査がほぼまとまった7月中旬…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら