[PR]

 トヨタ自動車が、電気自動車(EV)の量産を2019年にも始める方針を固めた。環境規制が強まる中国で着手する。これまではエコカー戦略の柱にハイブリッド車(HV)を据えてきた。世界最大の中国市場で、EVシフトを強める海外勢に対抗する。

 中国は18年にも始める新規制で、EVなどのエコカーの一定割合の販売をメーカーに義務づける。ガソリンも使うHVは対象外のため、対応を迫られていた。

 今回のEVはスポーツ用多目的車「C―HR」がベース。生産台数は規制や補助金の詳細を見極めて決めるが、年数千台以上でスタートする可能性がある。HVで培ったモーター制御の技術を生かす。電池などの基幹部品は、現地で調達する。

 このEVの販売は中国市場に限るが、トヨタは別の量産EVの20年ごろの投入もめざしている。これに伴いEVの生産や販売の地域が広がる可能性もある。

 中国に先立って、米カリフォル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら