[PR]

 サッカー日本代表の本田圭佑さん(31)がプロデュースするサッカースクールなどが、恵まれない子どもたちにサッカー用品を贈る「サッカー支援プロジェクト」に乗り出し、20日と22日にカンボジアとタイで合わせて重さにして約400キロの用品を手渡した。

 「ソルティーロ・ファミリア・サッカースクール」と三井不動産グループが共同で、日本で不要になったサッカー用品を集め、NPO法人「日本救援衣料センター」とともに、ウェアやシューズ、ボールを現地に届けた。

 20日は、カンボジア北西部のシエムレアプの小学校で子どもたちに用品を寄贈した後、ソルティーロのスタッフらが技術指導する「サッカークリニック」を実施。22日はタイの首都バンコク近郊にあるお寺と、バンコクの小学校の2カ所で同様に寄贈とクリニックをした。

 バンコク近郊のお寺にあるグラウンドには40人余りの子どもが集まりサッカーのクリニックや練習試合を楽しんだ後、寄贈されたウェアやシューズの中から好みのものを選んだ。ブルーのウェアを選んだ男の子は(12)は「かっこいいからこれにした。今日は楽しかった。将来はサッカー選手になりたい」と笑顔で話した。

 ソルティーロは日本国内の70校のほか、海外にもカンボジアの首都プノンペンに2校、中国の上海に3校があり、8月にはバンコクにも開校する予定。この縁もあり、プロジェクトの最初の開催地にカンボジアとタイを選んだという。

 ソルティーロでこのプロジェクトを担当する小林優さん(26)は「『サッカーを通じて夢を持つことの大切さを伝えたい』というのがスクールの理念。プロジェクトを今後も続け、子どもたちにとってもっといいものにできるように、いろんな可能性を探っていきたい」と話した。(バンコク=貝瀬秋彦)