[PR]

 イランのデフガン国防相は22日、新型のミサイル生産を開始すると発表した。イラン国営テレビが伝えた。イラン国会も弾道ミサイル開発関連の予算を増額する法案を近く可決する見通し。イランを敵視する米国のトランプ政権は18日、イランのミサイル開発を理由に追加の経済制裁を発表したばかりで、両国の対立の激化が懸念される。

 イラン国防省によると、新型ミサイルは既存のミサイルの改良版で、射程は約120キロ。イラン独自の技術で生産されるという。イラン政府はミサイル開発について「防衛が目的」と説明している。(ウィーン=杉崎慎弥

こんなニュースも