[PR]

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題をめぐる問題で、安倍晋三首相は24日午前の衆院予算委員会の閉会中審査で、「(同学園理事長の)加計(孝太郎)さんとは政治家になるずっと前から、学生時代からの友人だ。しかし、彼が私に対して私の地位や立場を利用して何かを成し遂げようとしたことはただの一度もない。獣医学部新設について働きかけや依頼は全くなかったことをまず明確に申し上げたいと思う」と述べ、加計氏側からの働きかけを否定した。

 首相はまた、冒頭で「李下(りか)に冠を正さずと言う言葉がある。私の友人がたずさわることであるから国民の皆様から疑念の目が向けられることは、もっともなことだ。思い返すと、私の今までの答弁においてその観点が欠けていた、足らざる点があったことは率直に認めなければならないと思う。常に、国民目線に立ち、丁寧な上にも丁寧に説明を重ねる努力を続けていきたい。改めてその思いを胸に刻み、この場に立っている」と述べた。

 自民党の小野寺五典氏への答弁。(園田耕司)